池袋Bar OasisのBlog

池袋・バー・Oasisのオーナーと上田店長と (元スタッフ児玉くん)のつぶやき

岩手、その2 北上

今日は北上のさくらブルワリーさんにお邪魔してます。ビールだけでなく、今月にはジンも製造販売を始めるそうです。

f:id:baroasis:20201102182205j:image
f:id:baroasis:20201102182201j:image
f:id:baroasis:20201102182209j:image

ちょうど小原君が帰省していてスティーブンさんとジンの蒸留機をバックに3ショット!

f:id:baroasis:20201102182229j:image

 

ビール仕込み作業にも参加させて頂きました。

本日は1000リットルのタンクから樽にビールを詰め作業でした。

さくらブルワリーのスティーブンさん、ありがとうございました!

f:id:baroasis:20201102182634j:image
f:id:baroasis:20201102182630j:image

岩手出張その1 花巻

本日から3日まで、来年からのプロジェクトの為に岩手に出張です。初日は花巻の「BrewBeast(ブリュービースト)」さんにお邪魔してます。

f:id:baroasis:20201102181203j:image
f:id:baroasis:20201102181206j:image
f:id:baroasis:20201102181159j:image
f:id:baroasis:20201102181153j:image
f:id:baroasis:20201102181156j:image
f:id:baroasis:20201102181149j:image

ブリュービーストの畠山さん、日曜日にご案内していただき遅い時間まで、ありがとうございました!

f:id:baroasis:20201102181149j:image
f:id:baroasis:20201102181307j:image
f:id:baroasis:20201102181304j:image

オアシスは11月も毎日、通常営業です。上田店長が居るので安心です。ほんと助かります。

食の國ふくいご縁フェア

11/1〜30まで1ヶ月間、食の國ふくいご縁フェアに当店も参加いたします!

 

オアシスでは珍しく日本酒!と地元福井産の野菜スティックを出します。

 

f:id:baroasis:20201101174616j:image

 

日本酒は、早瀬浦さかほまれと福千歳ライスワイン。
野菜スティックには、少し辛いですが爽やかな香りの柑なんばを少しお付けします。

是非ご賞味ください!

カティサーク プロヒビション入荷

はーいどうも上田っちです!

 

突然ですがiPhone12proをゲットしました!

かなりカメラ性能がアップしましたので良い画像をお届けできると思います!

 

さてさて、たまにお客様から「カティサーク置いてないの?」という声にお応えして入荷してみました!

 

カティサーク プロヒビション

f:id:baroasis:20201031172502j:image

(以下メーカーサイトより引用)

 

カティサーク」はライトでスムーズなブレンデッドウイスキーとして、1923年に開発されて以来、全世界にその飲みやすさが広く受け入れられています。

“プロヒビション(禁酒法)”の名を冠したこの商品は、アメリカの禁酒法時代にカティサークアメリカに販売し続けた男“ウィリアム・マッコイ”の業績に敬意を表し、禁酒法の廃止から80年を記念して造られた商品です。

 

ラベルの中心にはカティサークのシンボルである帆船を配置し、コルク栓とブラックボトルが禁酒法当時の伝統を引き継いでいます。


アメリカンオークで熟成されたシングルモルトと上質なグレーンウイスキーブレンド。アルコール分50%で力強さと複雑さを表現しています。

 

最近の優しいスコッチのブレンデッドとは対照的にパワフルなウィスキーです!

ストレートやロックはもちろん、ソーダ割りもオススメです♪

BLACKADDER Chichibu 6yo Virgin American Oak Barrel Cask No.2846

ブラックアダー 秩父 6年 ヴァージンアメリカンオーク 62.9%

BLACKADDER Chichibu 6yo Virgin American Oak Barrel Cask No.2846 62.9%

ブラックアダーの25周年を記念して、詰められた特別な限定ボトルとなります。

たまにOasisに現れる社長のロビンさんのブラックアダー

1995年に創業し、今年で25周年。四半世紀にわたって、ボトラーとして活動するのは、並大抵のことではありません。

そんな25周年の節目を記念して、再び、イチローモルトベンチャーウイスキー社とのコラボレーションが実現!

Oasisも同じく25年を今月に迎えました。同い年の仲間です。こちらでお祝いしたいですね!

 

f:id:baroasis:20201029170831j:image

 

下の写真はブラックアダーのRobin社長と2017年にスコットランドの蒸留所を見学した時。

f:id:baroasis:20201026153009j:image

 

アメリカンオークの新樽で6年熟成させたものに決定。以前にも新樽の秩父がリリースされていますが、さらに熟成が長くなりました!

一般的なバーボン樽と比べ、新樽で熟成させると、独特の甘さや苦味などが強く感じられます。これは、新品の樽にウイスキーが抽出できる成分が多量に含まれるため。

樽となる木材には、タンニン、ラクトンなどの成分が含まれています。中にお酒を入れると、その成分が抽出され、風味としてお酒の中に溶け込むことになるのです。何度も使った樽は、当然その成分は少なくなっていくことに。こうした樽は、長期熟成のものや味わいを変えたくないものの熟成に使うそうですよ。
これに対し新樽は、読んで字の如く、初めてお酒が入る樽。抽出される成分も多量に含まれることになります。そのため、他の樽にはない独特の風味が出るのです。