池袋Bar OasisのBlog

池袋・バー・Oasisのオーナーと上田店長と (元スタッフ児玉くん)のつぶやき

日本復興に向けてのコラボ・ビール

日本復興に向けてのコラボ・ビールがOasisに入荷しました。

昨日、エールハウスのスタッフと試飲しました、とても強いホップの感じと9%の強いアルコールがこれから強いニッポンになれ!といっているような力強いビール。7月末に石井さんがエールハウスに来店してこのビールの由来を熱く語ってくれました、詳しくは以下にもあります。


以下、藤原ヒロユキさんの記事からの抜粋

アメリカで「日本復興に向けてのコラボ・ビール」が生まれた。
 そのビールの名は「Japanese Green Tea(煎茶) IPA”for the JAPAN RELIEF」。
 現在、グァムのイシイ醸造所のトシ・石井氏、サンディエゴのストーン醸造所のMitch Steele氏、静岡のベアード醸造所のBryan Baird氏の3人が、日本に思いを馳せながら醸造した逸品だ。
 日本発祥のホップ「ソラチ」や日本産煎茶が使われていて、すでにアメリカをはじめとして世界のビア・ファンの注目を集めている。

なお、このビールの売上は製造経費を除き、全額東日本大震災義援金として日本へ送られる。

 この復興救済ビールが非常に興味深いのは、アメリカのブルワーであるSteele氏とアメリカ生まれで日本のブルワーであるBaird氏、そして日本生まれでアメリカのブルワーである石井氏がコラボレーションしているということだろう。

詳しくは
http://www.jbja.jp/archives/1168