池袋Bar Oasisのマスター日記

池袋・バー・Oasisマスターとスタッフの上田くん (元スタッフ児玉くん)のつぶやき

シップスミスセミナー

はーいどうも上田っちです!

 

クラフトジンのシップスミスセミナーに行ってきました。

受付を済ませると早速シップスミスの創業者3人と記念撮影!

撮影後はシップスミスを使ったジントニックをいただきます。

久しぶりに飲んだけど、美味しい!

f:id:baroasis:20190126032023j:image

 

今回来ていただいたのは3名。

皆様創業者です。3人全員そろってのセミナーは今回が初めてだとか。

f:id:baroasis:20190126032020j:imagef:id:baroasis:20190126030531j:image

 

目の前にはシップスミス2種類(ドライジン、VJOP)と、ジュニパー4種類
f:id:baroasis:20190126030802j:image
f:id:baroasis:20190126030322j:image


昨今、クラフトジンの流行は急速に広がっており、日本でも同様です。

色々なタイプがありますが、基本かつ中心はやはりロンドンドライジンですね。
f:id:baroasis:20190126030536j:image

 

2008年に初めて製造を開始した蒸留所は、ロンドンで200年ぶりに誕生した蒸留所。

また、蒸留所はあのウィスキーやビールの著書でおなじみの

故マイケルジャクソン氏の自宅でした。なんとも不思議な縁ですねぇ。
f:id:baroasis:20190126030735j:image

 

ブランド名のシップスミスとはSIP(味わいながら飲む)とSMITH(熟練の職人)を

あわせたとの事。
f:id:baroasis:20190126030409j:image

蒸留器に細かいこだわりが色々と
f:id:baroasis:20190126032104j:image

 

蒸留は原料の選定、ボタニカルの浸漬、蒸留の3工程

f:id:baroasis:20190126032101j:image

 

使用されるボタニカルは10種類
f:id:baroasis:20190126030644j:image

 

ジュニパーベリー

これがないとジンと呼べません。

f:id:baroasis:20190126032033j:image

 

オリスルート

f:id:baroasis:20190126030306j:image

 

アーモンドプードル

f:id:baroasis:20190126034348j:image

 

オレンジピール

f:id:baroasis:20190126031901j:image

 

アンジェリカルート

f:id:baroasis:20190126030528j:image

 

シナモン

f:id:baroasis:20190126032040j:image

 

リコリスルート

f:id:baroasis:20190126031906j:image


レモンピール
f:id:baroasis:20190126034527j:image

 

コリアンダーシード

f:id:baroasis:20190126030345j:image

 

それぞれが複雑に絡み合って香り高い高品質なジンができあがります。

テイスティングしましたが、どちらもすばらしいですね!

 

おまけでシップスミスのロゴのバッヂをいただきました。

ロゴは白鳥で、蒸留器のスワンネックからきているそうです。

f:id:baroasis:20190126062658j:plain

 

 

最後に出来上がった写真をいただいて終了です!

若干緊張気味…

f:id:baroasis:20190204190909j:image

よいセミナーでした!