池袋Bar OasisのBlog

池袋・バー・Oasisのオーナーと上田店長と (元スタッフ児玉くん)のつぶやき

ポルフィディオ アネホ

久しぶりのラムです!
ポルフィディオ・ラム・アネホ 750ml

f:id:baroasis:20210419160525j:image

じっくりと樽熟成させた最高級品ラム。コニャックの様な奥深い味わいが楽しめる。

ポルフィディオ社は、テキーラの本場ハリスコ州に工場を持つ蒸留業者

 

10年くらい前に購入していたのですがこのタイミングで開封します。
現在は取り扱いがなく、貴重な1本です

 

【武蔵屋ページより抜粋】
ポルフィディオ・ラムは、100%純粋なサトウキビ・ジュースから醸造、蒸留をして行きます。
メチルアルコールが出にくいサトウキビの繊維を破壊しない専用圧搾機(油圧式)で抽出した
30~40Kgの新鮮なサトウキビから1リットルしか取れないとういう一番搾り(エキストラヴァージン)のサトウキビジュースのみが原料。
サトウキビは毎年12月から翌年の6月の間にだけ収穫出来きます。


そして、ポルフィディオ社では収穫後2日以内でジュースを絞るため非常に新鮮です。
(ちなみに、絞った後のサトウキビ繊維質は家畜の餌となり利用されています。)

 

そして加水をせず、その絞り汁のみで4日かけて
温度管理されたステンレススチールタンク内で発酵させていきます。

 

通常、ラムの糖蜜は蒸留されると一気に80~95%のアルコール分になり、
その後水で薄めて度数調整をし、瓶詰されます。
ポルフィディオ・ラムは、2回蒸留して約40%(95%ではなく)に、もう一度3回目の蒸留をし45%に持っていくという方法であり、水を加えない分、より純粋であり単純に良質といえます。
また、蒸留に関しては、メチルアルコールを最大限減らす為、ヘッドとテールを一切使っていません。

 

 

飲んでみたくなりませんか?
お待ちしております!