池袋Bar OasisのBlog

池袋・バー・Oasisのオーナーと上田店長と (元スタッフ児玉くん)のつぶやき

ロビン・トチェック氏によるスコッチモルトウイスキーのスペシャルセミナー

英国、ブラックアダー・インターナショナル社代表のロビン・トチェック氏によるスコッチモルトウイスキースペシャセミナー(スコッチ文化研究所主催)に参加しました。

「ロウカスクシリーズ」を主力製品とする、ブラックアダーのこだわり、ブランド立ち上げの経緯、ロウカスクへの思い、大手メーカーやボトラー他社との違い等、そして樽の重要性を強く訴えていた、試飲をしながら、淡々とした語りの中に熱いものを感じた。

以下が試飲ラインナップ
・BA Amurt 46%
・RC Benriach 1991 19YO 57.9%
・RC Mortlach 1989 Sherry Cask 58.3%
・RC Laphroaig 1998 57.8%


ロビン・トチェック氏
ブラックアダー・インターナショナル社】
ウイスキー鑑定家のバイブル「ザ・モルトウイスキー・ファイル」の著者として知られるロビン・トチェック氏によって1995年創業したウイスキー専門のボトラー
「樽出しのシングルモルトが本来持っている深さを、あるがままに味わってもらいたい」という彼の哲学により、製品は操業当初から冷却濾過処理をせず、カラメル着色も行わずにボトリングされている。そのため、ボトリング行程で失われる量は1%未満という特筆すべき数値を出しています。樽の中の状態に極めて近いこのこだわりが、英国国内のみならずヨーロッパ各国、アメリカ、日本、台湾の愛好家から高い評価を得ています。


以下の5種の「ロウカスクシリーズ」 各アイテムのミニボトルを持ち帰りしたのでオアシスにて試飲できます。

・RC Caol ila 1998 12YO 62.1%
・RC Tobermory 1995 15YO 59.1%
・RC Tormore 1989 21YO 62%
・このセミナーのためにボトリングしたRC Smoking Islay 62.5%
・RC Laphroaig 1998 12YO 57.4%

そして今回、試飲した中で一番に気に入った・RC Benriach 1991 19YO 57.9%を仕入れましたので是非お試しください!