池袋Bar OasisのBlog

池袋・バー・Oasisのオーナーと上田店長と (元スタッフ児玉くん)のつぶやき

ウイスキー新入荷

最近入荷しました。ウイスキーのご紹介



☆Ar2(アードベッグ)
2008年にリリースされ話題を呼んだ“エレメンツ・オブ・アイラ”。バッチごとに蒸留所から選び抜いた5から20程度の樽(5年から15年もの)を混合して瓶詰めし、ラベルには蒸留所のイニシャルとバッチ・ナンバーがシンボル的に表示されています。

イチローズ・モルト&グレーン ホワイトラベル
2008年に蒸留を開始した秩父蒸留所ではモルトウイスキー原酒をダンネージスタイルの伝統的な貯蔵庫でウイスキーの熟成を行っています。ひと樽ひと樽個性的な熟成をする原酒の中には、シングルカスクに向いたものやブレンドに使用することで力を発揮するものなどさまざまなタイプの原酒が育っていきます。このうちブレンドで力を発揮する原酒を選びキーモルトとして、全部で9蒸留所のモルト原酒と2蒸留所のグレーンウイスキーブレンドしたもの。




アードベッグ アリゲーター
世界が熱望する究極のアイラモルトとして高い評価を受けるアードベッグより、2011年の限定品として登場する「アードベッグ アリゲーター」。
 最大の特徴となっているのは、“アリゲーター・チャー”と呼ばれる手法で焼かれた樽を使用していることです。表面がワニの背のように見えるほど強い火で焼かれた樽。そのきつく焼いた樽からくる強烈なテイストを、同様に強烈なアードベッグの代表的フレーバー、スモーキーさとピーティーさと見事に融合し、他には決してない独自のテイストを完成させました。

☆オアシス16th Anniversary オリジナル・シングルモルトウイスキー
皆様のおかげで、今月の4日で16周年を迎えることができました。記念のボトルをつくりましたのでぜひお試しください!!
詳細はスタッフまで。ラベルは店内の絵が描いてあります。


☆オクトモア 4_167
ジム・マキュワン氏率いるブルイックラディ蒸溜所から発売された圧倒的な個性を持つシングルモルト『オクトモア』。フェノール値167ppmのヘビーピート麦芽を使用してつくられた世界で最もピーティなシングルモルトウイスキーです。今回のリリースはフレッシュバーボン樽熟成の第4弾で、5年熟成、カスクストレングス(62.5%)
蜂蜜・バニラ等、バーボン樽のよいところがでているとおもう。