池袋Bar Oasisのマスター日記

池袋・バー・Oasisマスターとスタッフの上田くん (元スタッフ児玉くん)のつぶやき

重富さんのビール注ぎ

はーいどうも上田っちです!

今回はビール注ぎ達人の重富さんという方がいらっしゃるということで、

新宿のビアパブ、Highburyさんへ行ってきました。

 

重富さんは広島でビールスタンド重富というお店をされている傍ら

全国各地を回られています。

 

こちらが重富さん。

f:id:baroasis:20190204092247j:image

 

使うビールは1種類のみ。

これを注ぎ方だけで味わいを変えるというテクニック!

f:id:baroasis:20190204092240j:image

使っているビールサーバーは「スイングカラン」というもの

よくあるレバーを手前に倒すタイプではなく、横にスライドさせるというもの。

昭和37(1962)年に製造されたものをそのまま修理して使用しているとの事。すごい!

 

そして注がれたビールをいくつか飲みくらべてみると・・・

すげー!

1度注ぎよりも2度、3度注ぎの方が柔らかく

シャープとマイルドの違いもはっきり。

おまけに泡の構造を利用してIPAすら作り出す始末。本当にすごい

 

このスイングカラン、ビールが出る角度は2,3度しかないらしく、とても難しそう。

泡切り3年、注ぎ8年という言葉があるくらい、習得には時間を要します。


f:id:baroasis:20190204092256j:image

 

 

オアシスオーナー、鈴木さんも初挑戦・・・っと、泡だらけですね(笑)
f:id:baroasis:20190204092252j:image

「ビール注ぎは3日で出来るようになるけど、ビールと向き合うのには10年かかる」

重富さん。とても心に残る一言でした。

自分ももっと注ぎ美味くなりたいと感じました。

 

いやー、とてもよい体験でしたね!

帰りに近くのラーメン屋で〆

やっぱ〆はラーメンっしょ。こいつもうまいっ

f:id:baroasis:20190204092236j:image

 

 

よい出会いがありました。

自分もまだまだ修行ですねー

それではっ!