池袋Bar OasisのBlog

池袋・バー・Oasisのオーナーと上田店長と (元スタッフ児玉くん)のつぶやき

郡山・安積蒸溜所

福島県郡山市の江戸時代から続く創業254年の日本酒の酒蔵「笹の川酒造」さんの東北最古と言われている「ウイスキー蒸溜所」安積蒸溜所に来ました!

f:id:baroasis:20191222200144j:image
f:id:baroasis:20191222200147j:image

 

ちょうど仕込みの真っ最中

f:id:baroasis:20191224162729j:image

 

現在のところ発酵はステンレスタンクですが、
これから米松の発酵タンクに代わる予定。

f:id:baroasis:20191224163343j:image
f:id:baroasis:20191224163340j:image

 

 

 

戦後からウィスキー製造を続け、一時的にお休みしてましたが2016年にポットスティル2台導入して再稼働となりました。

 

漆喰の白壁の中に日本が誇る三宅製作所のポットスチルが2台(初留釜が2000リッターと再留釜が1000リッター)

1日に200リッターくらいのハートと呼ばれる原酒ができるそうです。

 

スチルは高さが低くて、アームが短く傾斜があまりないので

力強いストレートな原酒ができるそうです。アルコールは63度に調整してバーボン樽に樽詰め

 

 

 

f:id:baroasis:20191222200328j:image
f:id:baroasis:20191222200325j:image
f:id:baroasis:20191222200322j:image
f:id:baroasis:20191222200331j:image

 

 

 

 

バーボンウイスキーのアーリータイムス樽が多いです。

 

珍しいもので、山桜樽

や栗の樽がありました。

250リッターのシェリー樽の樽もチラホラ

f:id:baroasis:20191222200454j:image
f:id:baroasis:20191222200511j:image

 

国産のみずならの樽で、とても貴重です!
f:id:baroasis:20191222200507j:image
f:id:baroasis:20191222200504j:image
f:id:baroasis:20191222200457j:image
f:id:baroasis:20191222200449j:image
f:id:baroasis:20191222200500j:image

 

 

イチローモルトの肥土社長が秩父蒸溜所を建てる前にこちらで2004年から準備を進めていたそうです。

その残りの今は無き羽生蒸留所の樽です。

f:id:baroasis:20191222200541j:image

 

今は使用していない連続蒸溜器が建物の中にあります。

f:id:baroasis:20191224181202j:image

 

先日の台風の影響で笹原川の水が流れてきてしまったそうです。笹の川さん由来はこちらからだそうです。

f:id:baroasis:20191225142843j:image

 

 

12月の忙しい中で、蒸溜担当の田浦さんに丁寧な対応をしてもらいました。とても感謝、ありがとうございました!

 

f:id:baroasis:20191224134519j:image

 

ついに今月にこちらで蒸留して3年熟成の安積ファーストが発売された。オアシス飲めます!

f:id:baroasis:20191225142145j:image

 

そして、山桜・ラムカスクウイスキーも置いています。

 

f:id:baroasis:20191225142553j:image

 

山桜の木のマドラー
f:id:baroasis:20191225142557j:image